ブルーベリーは現在、2500株。


毎年7月中旬ころから8月の下旬まで、 約1カ月収穫する事が出来ます。

通路を広く取っているので、 ゆっくりと周りを気にせず収穫する事が出来ます。

ブルーベリーの木はそんなに大きくないので大人から子供まで簡単に沢山、

摘み取る事が出来ます。

早く熟す品種から遅く熟す品種まで、全部で15品種。

それぞれの味の違いを楽しむ事が出来ます。



 ブルーベリーの効能

    ブルーベリーには目に良いとされているアントシアニンが豊富に含まれています。

    しかし、ブルーベリーの効能はそれだけではないのです!!

    - ブルーベリーは目に良いとされていますが、その成分はアントシアニンと言われています。

     そのアントシアニンがブルーベリーには多く含まれているのです。

    →目に良いと言われ始めたのは第2次世界大戦中、英国空軍のパイロットがブルーベリーの

     ジャムを毎日多量に摂取することで「薄明かりの中で物がはっきりと見えた」都の証言より、

     イタリア、フランスで研究が進みアントシアニンが大きく作用していることがわかりました。

    - またブルーベリーには目に良いという効果だけではなく、体に良い効能が証明されてきています。


  食物繊維が豊富
    ・食物繊維の量はキウイやリンゴよりも多い。

    ・食物繊維の高い摂取量により整腸作用、

    ※便秘解消に卓効が認められており大腸がんの予防にも役立っている。


  ポリフェノールが多く含まれている。

  毛細血管の透過性を低下
    ・透過性の上昇は多くの病気の2次的原因になる。

  血小板の凝固の抑制
    ・血栓症の抑制

  コラーゲン基質の強化

  関節の炎症状態の治療に有効

  尿路感染症の治療に有効
    ・細菌の粘着を防ぐ抗付着性

  抗潰瘍活性(抗ガン作用)

  糖尿病での血糖値をを調整
    ・インスリン注射の量を減らせる。

  老化に伴う脳神経細胞能力の回復効果

  強力な抗酸化作用



   ‐参考文献‐
   ブルーベリー全書
   日本ブルーベリー協会 編


北海道は昼と夜の寒暖差が大きい。


ブルーベリーを育てるにはぎりぎりの環境です。

なかでも、ベリーファームのある千歳市は

その寒暖の差が大きくブルーベリーの樹は

なかなか大きくなりません。

しかし、きびしい環境の中で育ったブルーベリーは

強く育ち、大きくて味の強い果実をつけます。


幸せの大粒ブルーベリー。

中には、写真のような大粒のブルーベリーが実る事もあります。

見つけることができたら幸せになれるかも・・・



   
Berry Farm since 2005
Copyright (C) 2010 Berry Farm All Rights Reserved