有機JASとは?

@自然循環機能の維持増進を図るため、化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避けることを基本として、

土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させるとともに、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り

低減した栽培管理方法を採用したほ場において生産すること。

A採取場において、採取場の生態系の維持に支障を生じない方法により採取すること。

農林水産省のホームページには上記のように記されています。


簡単に説明すると、農産物を育てている農場に土の力を生かし、

周りの環境に害を与えない人と自然に優しい農業をしなさいということ。

この認証を受けるためには、

@ 農薬を使わない

A 肥料を化学肥料は使わず有機肥料だけを使う

上記の2点が基本となります。

この認証を受けることができたら有機JASのマークを使うことができるのと、

有機栽培、オーガニックの表示をすることができるのです。

逆にいうと、この有機JASの認定を持っていないと有機栽培やオーガニックという表示はできないのです。

※ 現在、有機栽培の農産物が注目されていますが、このような有機JASの認定を受けている農家は

日本の全農家の0.18%しかいないんです!!500件の農家がいたら1件しかいない計算です。


Berry Farm since 2005
Copyright (C) 2010 Berry Farm All Rights Reserved